椅子に座って鍛えるインナーマッスル【仕事中、人知れずダイエット】

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

椅子に座って鍛えるインナーマッスル

        【仕事中、人知れずダイエット】

突然ですが、あなたは配送する荷物の重量をどのように測ってますか?

FBAに納品する時、結構 15KG、20KG・・・と重くなってしまいますよね。

でも、そんな重いものを測る道具なんて我が家にはありません。

そこでのもさんは、自分で荷物を抱えて体重計に載る。

その総重量から、自分の体重を差し引いた重さで、荷物の重さを測ってます。


先日、FBAに納品する荷物をいつものように測ってました。

『あれぇーーー。今回は意外と重かったんだぁ。』

荷物をもって体重計にのり、荷物を置いて体重計にのると、

ひえぇぇぇぇぇーーーーっ。どうしたの、これ!!!

重かったのは、荷物じゃなくわ・た・し・・・でした。

普段からあまり体重測ってないのもさんは

FBA納品の時ぐらいしか体重計を利用してません。

・・・・・FBA送るの、久しぶりでした・・・。


最近運動不足ののもさんです。

か・な・り、ヤバいかも・・・です。

仕事もデスクワークがほとんどだし、帰宅後はネットビジネスで

PCとにらめっこしていることが多いので、自然と運動不足になってます。

このままではいけないと考え直し

最近部屋の隅でホコリかぶってた、ワンダーコアスマートを引っ張り出し再開。

と同時に、仕事中も椅子に座ってインナーマッスルを鍛える運動

するようになりました。


Q : インナーマッスルとは?

   インナー=inner(内側、内部)という意味ですね。 

   マッスル=muscle(筋肉)という意味です。

   なので、インナーマッスルとは「内側の筋肉」という意味です。

表面に見える筋肉と違って、

インナーマッスルは体の内側の筋肉です。

インナーマッスルを鍛えることは、ダイエットには欠かせない要素です。

簡単に説明すると、インナーマッスルを鍛えると、体温が上がり

体温が上がると基礎代謝も上がり、結果脂肪が燃焼しやすくなる・・・というしくみです


そこで、デスクワークしながら人知れずダイエットする方法ですが・・・。

仕事中に、時々腹部に力を入れて息を止めるんです

5秒から10秒息を止めて、ゆっくり息を吐き、ゆっくり息を吸う

これを時々繰り返してみてください。

ポイントは、椅子に浅く腰掛けること。

浅く腰掛けることで、自然と背筋が伸びて姿勢がよくなります。

専門家じゃないので医学的根拠はわかりませんが、

実は、久々に会った知り合いがかなりスッキリ痩せていて

この呼吸法?を仕事中に時々やってインナーマッスルを鍛えたんだ・・・とか。

あとは、食事を野菜から摂取するように順番を変えただけ・・・だとか。

「ホントにそれだけ? ホントにホント? ほんとーなのね?

  よっしゃーーーーっ

それだったら、超めんどくさがり屋ののもさんでも出来ます。

怠け者のもさんでも出来ます。

体重増加はビジュアル的な課題だけでなく、

成人病などのリスクもあり、健康にもよくないです。

食事を減らすダイエットより、必要なものはきちんと食べて

あとは体を動かして健康的な体を作りましょう。

健康あってのネットビジネスです。適度な運動は心がけましょうね。

今回は椅子に座って鍛えるインナーマッスル”についてでした。

 

◆皆さんに結構読んでいただいている記事。ワンダーコアスマートの記事です。

   ↓ ↓ ↓  (そろそろのもさんもやってみますか。)

腹筋1日300回!?  ワンダーコア・スマート

        

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加