古物商手続き(*^^)v

ブログはまだまだ変な形ですが・・・・^_^;

せどり開始にあたり、まず私が取り組んだことを記載します。

Ⅰ、せどり専用の銀行口座を開設しました。

 いろいろなブログを参考に、選んだのは“住信SBIネット銀行”です。

イオン銀行やセブン銀行での入出金手数料が無料・・・というところに惹かれました。

インターネットで口座開設し、約1週間でカードが届き結構手続きは簡単でした(#^.^#)

ただし、カード受け取りは「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」という方法で、顔写

真付の証明書が必要でした。

郵便配達の方が、免許証で確認し番号を記録して帰られました。

Ⅱ、古物商許可申請の手続きをしました。

 これもネットで調べてたら、せどりに必要な資格かなぁ・・・と思い手続きしたのですが。

住民票などいろいろ公的書類を準備する必要性があったのですが、平日仕事している

のもさん はあまり休みもいただけないので、最低限の休みでスムーズに手続きできるよ

う、あらかじめ関係機関に電話で問い合わせました。

自宅で記載できる書類は、ネットで印刷し自宅で記載しました。

この申請は、居住地管轄の警察署に申請するのですが、そのまえに準備する書類

を市役所や法務局でそろえる必要があります。そのほかにも、警察署に提出する書類

や誓約書、略歴書・・・など、自分で記載するものもあるため、記載方法がわからない

箇所は空欄にして直接警察署に出向き教えてもらいました。

警察署にもあらかじめ電話確認し、時間を約束して行ったためいろいろな手続きはスムー

ズで、半日だけの有休ですべて終了しました。

・・・あっ、古物商申請には19,000円の費用を要しました。これが結構痛かったです^_^;

古物商申請後、5日ほどして警察の人が自宅にきて、記載書類に間違いがないかどうかの

確認と「古物保管場所の確認」ということで部屋の中も確認されました(゜o゜)

<・・・ 警察署により異なるかもしれませんが(*^^)v>

別に支障はないのでご案内しましたが、ネットで調べた前情報になかったことなのでちょっ

とびっくり。 でも、そこはのもさん、50代半ばのおばさんなので、若い警察官に

のもさん :「古物商申請するかた、ご近所でも多いですか?」

警 官  :「そうですね、ちょこちょこ。」

のもさん :「個人の人ですか?」「どこの方ですか?」

         ・・・と矢継ぎ早に (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

警 官  :「いやぁ~個人の人は近所ではいないかなぁ・・・」  タジタジ ^_^;

のもさん :「どうせ個人情報だから教えれないですよね。いや個人でやっている人がい

         ればせどりのやり方教えてもらおうと思って ハハハ(#^.^#)」

警 官  :「あぁ、そういうことですか。それなら教えれません」

 

 

・・・っていうか、どんな理由でも教えれないでしょ(笑)。

                   初めての体験を楽しんだのもさんでした(*^^)v

 

 

せどりに取り組もうと決意し、ブログをはじめ日常と異なる体験をするのがとても新鮮で

少し大人になったような気がしました。

いやいや、・・・っていうか、十分大人過ぎるし、大人通り越してますけど (^<^)(笑)

 

 

 

 いろいろ、関わっていただいた方々に感謝いたします。 ありがとうございます<(_ _)>

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です