FBAと自己発送の使い分け【利益計算してみました】

3838c6972918910f26674362b98dc14d_s

FBAと自己発送の使い分け【利益計算してみました】

Amazonで商品販売する時

のもさんは、ほとんどFBAを利用してます。

FBAだと、注文に対して

梱包から発送まですべてAmazonが対応してくれるので

Amazonに納品させすれば

あとはすべてAmazonにおまかせなので

安心して他の作業ができます。

特に副業の方にはもってこいのサービスです。

しかも、購入者の立場にたって考えても

Amazonというブランドのついた

しっかりした梱包で商品が届くと安心ですよね。

(今回は割愛しますが、FBAのメリットは他にも沢山あります。)

のもさんは、ほとんどFBAを利用していますが

なかには、あえて自己発送にしている商品もあるのです。

どのような商品かといいますと、

本、CD、DVD、小さい商品、併売している商品・・・。

のもさんが自己発送にしているのは

送料の安い“クリックポスト”

で対応できる商品が多いです。

本、CD、DVD・・・は

回転の良い商品はFBAに送りますが

いまいち回転のよくない商品は

FBAに送ると保管料がかかるので

自己発送にして自宅保管してます。

カラーボックスに収納できるくらい小さいので

自宅でもあまり保管場所を取りません。

あと、すごく小さい商品ですね。

これもクリックポストで送れるので自己発送にしてます。

自宅で保管している商品は

Amazonだけでなく、ヤフオクやフリマアプリなど

他の販路で併売することもあります。

でも、自己発送って利益どうなのよー?

と、やはり気になるのは利益ですよね。


たとえば、下の商品(画像消してるのでスミマセン)、

仕入れてみてビックリ。

想像以上に小さかったんです。

葉書より一回り小さいサイズで、高いのにチッチャ!

   ↓ ↓ ↓

snapcrab_noname_2016-10-17_8-49-40_no-00

すぐFBAに送る、という時間がなかったので、

とりあえず自己発送で登録することに。

FBA料金シュミレーターで利益計算してみます。

FBAの最安値(11,940円)に

自己発送も価格を併せて計算してみました。

配送はクリックポストなので

自己発送の配送料を164円で設定。

仕入れ価格は、どちらも仮に8,000円で。

snapcrab_noname_2016-10-17_8-50-15_no-00

利益は、自己発送の方が若干上回りました。

でも、自己発送なので

FBAより少し安くないと売れないと判断し

少し価格を下げて計算します。

snapcrab_noname_2016-10-17_8-50-55_no-00

少し価格を下げても、自己発送の方が利益上回ります。

このように、他の出品者の相場に合わせつつ

価格を調整しながら自己発送で出品してます。

FBAに送るまでの間

・・・と思って登録したら、すぐに売れることもあるし

売れなかったら、商品が溜まってFBAに送る際

一緒にFBAに送っちゃえばいいし。

クリックポストは厚さ3cmまでの商品なら

ほとんどいけます。

  ↓ ↓ ↓

クリックポストについて(←詳細はこちら)

FBAと自己発送

それぞれにメリット、デメリットあります。

尚且つ、FBAのほうが圧倒的に売れ行きもいいし楽です。

あなたのせどりライフに合わせて

使い分けするといいですね。

今回はFBAと自己発送の使い分けを

利益計算をして説明致しました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

1年前に初めて自己発送手続きした記事です。

この頃は自己発送にも、かなり手間取ってました><

   ↓ ↓ ↓

せどり自己発送手続きの方法【個人情報の配慮が必要ですね】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加