寒中見舞いはいつからいつまで【暦で考える】

8866442280482ba109d61cb06c007e4d_s

寒中見舞いはいつからいつまで【暦で考える】

新年の挨拶にいただく年賀状

年賀状を書いてなかった方に

年賀状のお返しを送らなくては・・・

そう思っている間に

「あーーー。年賀状を出すにはもう遅すぎるーー!」

あなたはそういう体験ありませんか?

年賀状の返信(お返し)は

“松の内”までに出しましょう・・・とよく言われます。

松の内は 地域によって異なりますが

一般的には1月7日です。

(10日や15日という地域もあるそうです)

1月7日 、七草粥を食べる日ですね。

そう考えると覚えやすい日です。


でも

お正月明けて、バタバタしてたら

すーーーぐ、7日位経っちゃいますよね。

「あーーー、

年賀状の返事書かなかったーー!」

そう思っているあなた。大丈夫です。

そんな時は寒中見舞いを出しましょう。

寒中見舞いとは

寒さが厳しい時期に相手に気遣って送る書状です。

夏に暑中見舞いがありますが

冬は寒中見舞いとなります。

寒中見舞いは、

喪中で新年のご挨拶が出来なかった方や

年賀状の返信が、

松の内を過ぎて出しそびれた方にもOKです。

年賀状の返信しなかったら、

「頂いたのに返事出してないなぁー」

という少し後ろめたい気持ちになりますが

寒中見舞いだと

自分の気持ちも少し和らぎますが

もらった相手もうれしいと思います。

では寒中見舞いは

いつ頃までに出したらいいのでしょうか?

「寒中」とは

暦の上で「小寒から大寒の間」です。

寒さが厳しい時期に送るものですが

暦の上で大寒が終わり春になるのは

立春(2月4日)なので、

立春までには出したいものです。

「いやー、2月4日過ぎても寒いよー」

と思われるかもしれませんが、

こういうことは、すべて暦が基準になります。

最近では馴染みが薄いですが

常識で覚えておくといいですね。

よって、

寒中見舞いは

1月7日~2月4日

この期間までに相手に届くようにしましょう。

「七草粥から節分まで」と覚えると

覚えやすいのではないでしょうか?


寒中見舞いの書き方としては

・寒中見舞いの言葉

・時候の挨拶

・年賀状をもらったお礼・年賀状が遅れたおわび

・こちらの近況

・相手の健康を気遣う

・今後につなげる言葉

・日付

このような内容を書くといいですね。

注意点として

余った年賀状を使ってはダメです。

最近は、和柄の葉書や

紙質の違う、素敵な葉書もたくさん売ってます。

また、絵手紙のように

寒い時期のイラストが書いてあるのも

もらった人がほっこりして喜ばれるでしょう。

出した相手のうれしい表情を思い浮かべながら

葉書を選ぶのも楽しいですね。

年賀状の返事を出し忘れても

これで心配しなくていいですね。

今回は「寒中見舞いを出す時期」についてでした。

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

スポンサーリンク
sedori-bottom
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
sedori-bottom