稼ぐ力を身につける【プロとアマチュアの違い】

稼ぐ力を身につける【プロとアマチュアの違い】

ご覧いただきありがとうございます

プロとアマチュアの違いってなんでしょう?

スポーツ選手、職人さん、医師、俳優、ビジネスマン・・・・

いろいろな分野でプロと呼ばれる方がいます。

「プロ」って聞くと、卓越した技術の持ち主でかなり稼いでいる・・・

イメージがありますよね。


かなり昔の話ですが・・・。

高校卒業して、あるサービス業に就職しました。

研修では、挨拶の仕方、電話の受け方、お茶の出し方、接客の仕方・・・

連日泊まり込みでみっちりビジネスマナーや商品知識を叩き込まれました。

研修終了後、実習期間の際は多少のミスも笑って許されてたのですが

入社式終了後、制服を着て正職員として勤務するようになってからは

今まで笑って許されていたミスも許されないくらい厳しい仕事が待ってました。

当時の上司が言った言葉が

「プロとアマの違いが分かるか?プロはその道でお金を稼いだらプロなんだ

制服を着たらお客様からみれば 先輩後輩関係ない!! 

この仕事で給料もらうということは、立派なプロだ。

ミスを笑ってごまかすようないつまでも学生気分じゃ困る!!

プロならプロらしく、どうやったら能率的でミスが少ない仕事ができるか

考えろ!!!」

激動の昭和初期生まれの上司は、それはそれは厳しかったです。

でも「愛」があったと思います。

仕事に詰まるといまでも思い出します。新人3人が呼ばれて説教受けた日を。


細かいことを挙げればきりがありませんが、

私はプロとアマの違いは、この上司の言葉が強く残ってます

仕事に取り組む姿勢の問題だと思いますが。

せどりでも、商品梱包や登録時の商品説明に気を使います。

目に見えないお客様が商品購入してくれた時

満足していただけるよう精いっぱいの努力をします。

そこには、少ない金額でも稼いだからには「プロ意識」を持っているから。

そして、プロとしてやっていくためには「自己研鑽」も必要だと思います。

プロとして恥ずかしくない知識や行動に繋がるよう

自分をもっともっと高める必要があると思います。


今は副業ですが、いずれ本業にしたいとおもっているせどり

毎日少しずつでもせどりに関することを学び

昨日より今日、今日より明日・・・と進みたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました <(_ _)>

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加