高齢者運転から学ぶ【明日は我が身】

高齢者運転から学ぶ【明日は我が身】

ご訪問いただきありがとうございます<(_ _)>

 

宮崎で、高齢者の方の運転で大きな事故がありました。

自動車が中心街の歩道を走り

被害者が出た事故です。

原因は運転していた人が“認知症”だったとのこと。

最近、高齢者の事故が増えつつあります。

ブレーキとアクセルの間違い・・・

これも大きな原因のひとつのようです。

今回の事故だけでなく

事故がある度に、考えさせられます。

いつ、どこで巻き込まれるかわからない。

つまり、いつどこで被害者になるかわからない・・・って。

でも、高齢者のみならず誰でも

加害者になる可能性もあるんですよね。

私にも74歳の母がいます。

まだ、現役で仕事(農業)してるので自動車運転してますが

いずれ免許返納を促す時期がくるんだろうな・・・。

私は仕事柄、高齢者と接することが多いです。

運転が危ないのでは・・・と思っても

「大丈夫」と自信を持っている高齢者は多いです。

宮崎は特に交通の便が悪いので

日常生活に「自動車」は欠かせないものです。

「自動車」がないと、受診・買い物に困る人が多いのも事実ですが

事故に繋がりかねないと判断すると、論外です。

本人の自尊心を傷つけないよう

「免許証返納」を促していかなくてはいけないのです。

ご家族から説明していただくのが一番効果的なのですが、

ご家族の話に耳を貸さない高齢者も多く

「高齢者の免許返納」は、時期・タイミング・・・難しい問題です。

75歳の後期高齢者は

免許センターで講習予備として「認知機能検査」を受けるようになってます。

また70歳以上の方は「高齢者講習」を受けるようになってます。

私の母も来年は後期高齢者。

出来るだけ運転しなくても生活できるよう 

家族として支援する必要あると、改めて思いました。

母の生活も支えてやれるよう、楽な生活送れるよう

頑張ってネットビジネスで成功したい・・・と新たな決意も出来ました。

また、今日は私も運転していてヒヤッとした出来事がありました。

歩道を歩いていた小学生が

突然横断し始めて・・・・・(>_<)

急ブレーキで事なきを得ましたが

ドキドキ、ドキドキしました。

「横断するカモシレナイ」・・・のカモシレナイを想定してなかったので。

FBAに納品するため、宅配業者に持っていくところだったのですが、

もしここで事故ってたら

私の人生、大きく外れるところだった・・・と思うと、

事故って、被害者にも加害者にもなる可能性大

本当に「明日は我が身」だと思います。

大きな事故があり

また、自分が直近で体験したこともあり

改めて事故について考えさせられました。

今回の事故でお亡くなりになられた方がいらっしゃいます。

ご冥福を祈ります。

合掌

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加